Webマーケティング

インサイドセールスの基礎知識。
新たな営業手法で商談件数アップ!

  • コピーしました!

新たな営業手法である「インサイドセールス」を導入し、売上アップを目指す企業が多くなっています。そもそもインサイドセールスには、従来の営業手法と比べてどのような特徴があるのでしょうか。また、導入によりどのようなメリットが期待できるのでしょうか。ここでは、インサイドセールスの基礎知識をお伝えしていきます。

インサイドセールスの基礎知識

そもそもインサイドセールスは、アメリカで誕生した新たな営業手法の一種です。企業の営業力の強化につながるといわれ注目を集めています。インサイドセールスでは、顧客のデータベースをもとに、各種コミュニケーションツールを活用しながら営業活動を行います。手段として用いられるのは、電話やメールなどです。昨今では、インサイドセールスにチャットボットを導入する企業も多くあります。

なお、従来のように営業部門が顧客を訪問して対面で行う営業手法は、インサイドセールスに対して「フィールドセールス」と呼ばれます。チャットボットをはじめとした新たな手段が登場する今、フィールドセールスと併せてインサイドセールスを活用することが、さらなる業務効率の向上や売上アップにつながると考えられています。

インサイドセールスの重要性

インサイドセールスはなぜ営業力の強化につながると考えられているのでしょうか。ここでは、3つのポイントからインサイドセールスの重要性についてご紹介します。

顧客との関係の構築

インサイドセールスでは、顧客との関係を構築することが重視されます。顧客へのアプローチを継続し、時間をかけてニーズを顕在化させることで、売上につなげていくのが特徴です。このとき、コミュニケーションツールを活用するため、フィールドセールスよりも効率的に関係の構築がしやすいといえます。

見込み客へのアプローチが、速やかに売上につながるとは限りません。しかし、積極的な情報発信やコミュニケーションで関係を維持し続けると、ニーズが顕在化したタイミングでの成約が期待できるでしょう。また、関係の構築をインサイドセールスでカバーできると、営業部門はより重要度の高い商談に集中しやすくなります。

顧客情報の獲得

インサイドセールスが得意とするのは、顧客情報の獲得です。営業部門が商談を成約へと導くためには、顧客についての具体的な情報が不可欠といえます。多くの情報を集めたほうが、より顧客のニーズに合わせたセールスがしやすくなるためです。コミュニケーションツールでのやり取りを通じて、営業活動に必要な情報をインサイドセールスで収集し、営業部門と連携をすることで売上につなげます。

インサイドセールスのメリット

インサイドセールスは、売上の向上につながるほかに、多くのメリットが期待できます。まず挙げられるのは、営業活動の効率化です。インサイドセールスにおけるアプローチは、主にコミュニケーションツールを通じて行われます。関係の構築のために、わざわざ重要度の低い顧客を訪問する必要がありません。インサイドセールスを内勤のスタッフに任せれば、少人数でもより高い成果を出しやすくなるでしょう。

このように営業活動が効率化されると、人件費や交通費などのコスト削減が期待できます。さらには顧客へアプローチする手段が属人化しにくいため、幅広いスタッフが営業活動をサポートしやすくなるでしょう。営業部門を運用するうえでのリスクを避け、人材不足の対策につながるのも、インサイドセールスのメリットといえます。

Webマーケティングで活用できるチャットボット

インサイドセールスの新たな手段として、注目を集めている「チャットボット」。自社のWebサイトを訪問する見込み客に対して、チャットボットによるインサイドセールスを行う企業が増えています。より対応の精度が高いチャットボットを導入すれば、まるでフィールドセールスのように顧客へのアプローチが可能です。Web接客に強いチャットボットで、商談件数のアップを目指しましょう。

ロボットがユーザーの質問に回答する「チャットボット」ですが、ツールによっては人がチャット応対をする「有人チャット機能」を備えているものも存在します。
電話だけではなく、Webサイトに訪れた見込み顧客にインサイドセールスチームが有人チャットで対応することで、売上やリード獲得数増加を期待することが可能です。

さらに有人チャットの場合、インターネットに繋がるデバイスさえあれば自宅からでも簡単に顧客対応ができるため、リモートワークにも適したインサイドセールスの手法といえるでしょう。

Web接客を得意とする「sinclo」は、一般的なチャットボットの機能に加えて、独自の機能を搭載しています。たとえば、商品やサービスへの関心度が高いユーザーを絞り込み、有人チャットへ切り替えるシナリオも標準機能として搭載しています。テキストチャットでコミュニケーションを取り、そのままWeb商談への誘導やアポ獲得へ進むなど、きめ細やかな対応もできます。その他、ご要望に合わせてカスタマイズできるのが特徴です。

インサイドセールスの手段として、Webマーケティングで活用できるチャットボットをお探しなら「sinclo」をおすすめします。当社の導入コンサルタントが手厚くサポートするため、初めてのチャットボット導入もお気軽にご相談ください。

まとめ

顧客のデータベースをもとに、コミュニケーションツールを活用して行う営業手法は、インサイドセールスと呼ばれています。注目のチャットボットを導入するなら、Web接客に強い「sinclo」をWebマーケティングの営業力強化にお役立てください。経験豊富なコンサルタントが、導入をお手伝いいたします。

HOME Chatbot Lab インサイドセールスの基礎知識。新たな営業手法で商談件数アップ!
ページTOPに戻る