Webマーケティング ノウハウ

人材派遣会社の営業効率が下がる要因と対策5選。
費用別に紹介

人材派遣会社の営業活動では、新規の契約企業を獲得しつつ、既存の契約企業との関係を維持する必要があります。こうした契約企業に対する営業活動の効率低下を避けるには、どのような対策が考えられるでしょうか。本記事では、人材派遣会社の営業効率が下がる要因や、改善につながるITツールをご紹介します。

自社サイトで派遣スタッフ登録・応募率を向上させるチャットボット活用術!

人材派遣会社とは

人材派遣会社とは、企業と派遣スタッフとの間に立ち、契約企業からの依頼を受けてスタッフを派遣するビジネスのことです。求職者は人材派遣サービスに会員登録をして、派遣スタッフとなります。企業と人材派遣会社とは派遣契約を結び、派遣スタッフと人材派遣会社とは雇用契約を結ぶ仕組みです。

そんな人材派遣会社には、企業側と派遣スタッフ側の要望をそれぞれ調整し、人材採用のマッチングを促す役割があります。また、人材派遣会社が就業後の派遣スタッフをフォローすることで、継続的な就業を実現するのも重要な役割の一つです。人材採用や就業の場面における交渉やサポートを担い、労働市場へ貢献しています。

人材派遣会社の営業効率が下がる要因

人材派遣会社のなかには、顧客である契約企業に対する営業活動で、さまざまな課題を抱えている会社が少なくありません。たとえば、契約企業の新規開拓が難航しているケースや、契約企業とのコミュニケーションで業務負担が増加しているケースなどです。

また、契約企業のサポートで社内の連携スピードが遅いケースも少なくありません。このように、営業効率が下がる要因として主に以下の3つが挙げられます。

営業効率の低下を招く3つの要因

【要因1】社内の情報共有体制が整備されていない

新規顧客へアプローチしたり、既存顧客にカスタマーサポートを提供したりする場面では、スピーディーな対応が欠かせません。それを実現するためには、社内の連携を強化する必要があります。

しかし、適切な情報共有体制が整備されていなければ、顧客獲得のチャンスを逃したり、サポートで余計な工数が発生したりすることもあるでしょう。さらには、連携不足が発端となるミスにもつながりかねないため、注意が必要です。

【要因2】問い合わせ対応業務を効率化できていない

従来のビジネスシーンでは、主に電話を利用した問い合わせ対応業務が行われてきました。電話では顧客が担当者と直接話せるメリットがある反面、対応に多くのコストがかかるのがデメリットです。また、顧客の立場から見ても、営業時間外に問い合わせができない点など、少なからず不便があります。

チャットをはじめとして、電話以外の方法でも問い合わせを受け付け、効率化へ取り組むことが求められます。

【要因3】:オフラインでの営業活動にリソースが偏っている

2020年以降は、ビジネスシーンのオンライン化が進み、非対面で営業活動を行う機会が多くなりました。Webサイト上でアプローチを行い、オンライン商談のアポ獲得につなげる手法も登場しています。

一方で、依然としてオフラインでの営業活動にリソースの大半を投じている会社も少なくありません。オンラインでの営業活動に大きなチャンスがある状況下では、社内のリソース配分を見直すのが望ましいでしょう。

営業効率の低下を改善するには?

人材派遣会社の営業効率が下がる3つの要因をご紹介しました。これらの要因で営業効率が低下している場合、ITツールの導入によって課題を改善できる可能性があります。

たとえば、社内の情報共有を効率化する「SFA」「CRM」「MA」、ルーティンワークを自動化する「RPA」、コミュニケーションを自動化する「チャットボット」などのツールが挙げられます。営業効率の低下でお悩みの企業様は、以下で詳しくご紹介するITツールの導入をご検討ください。

人材派遣会社の営業効率を改善するITツール5選

人材派遣会社の営業効率を改善する、5つのITツールをご紹介します。特徴やメリット・デメリットにも触れるため、ぜひ参考にしてみてください。

【1】SFA

SFAは「営業支援システム」とも呼ばれ、営業活動に関する情報を一元管理するツールです。商談の進捗状況や営業パーソンのスケジュールなどのデータを社内で共有することで、効率的な営業活動を実現し、売上向上へとつなげます。

【2】CRM

CRMは「顧客関係管理システム」とも呼ばれ、顧客に関する情報を一元管理するツールです。顧客の属性や案件の進捗状況などを詳細に管理するとともに、データ分析により効果的な施策を検討できます。

【3】MA

MAは、見込み顧客に関する情報の管理や分析を行い、マーケティング活動を強化するツールです。見込み顧客を育成することで、着実に顧客の獲得へとつなげます。有効な施策を検討する際に役立ちます。

【4】RPA

RPAは、業務上で発生する定形の作業を自動化し、業務効率化を実現するツールです。ルーティンワークを自動化することで、営業部門のリソースを有効活用しやすくなり、営業活動の生産性向上につながります。

【5】チャットボット

チャットボットは、コミュニケーションを自動化するツールです。Webサイト上に設置すると、サイトを訪問した顧客へ自動的に話しかけを行います。積極的なアプローチによって、Webマーケティングを強化します。

また、問い合わせ対応を自動化することで、カスタマーサポート業務の効率化に寄与するのもメリットです。その際、ハイブリッド型のチャットボットを選択すれば、必要に応じてオペレーターがチャット対応を行えるため、より幅広い場面をカバーできるようになります。

人材派遣会社のWebマーケティング強化の目的で導入するなら、ハイブリッド型チャットボットの「sinclo」がおすすめです。Webサイト上のコミュニケーションを自動化し、営業効率を改善するために、ぜひ導入をご検討ください。

人材派遣会社の成果向上におすすめの「sinclo」

チャットボットの「sinclo」は、Webマーケティング目的での導入を得意とするツールです。成果につながる運用で、人材派遣会社様の営業活動をサポート。当社の経験豊富なコンサルタントが専任の担当者となり、導入から運用開始後まで手厚くフォローするため、初めてのITツール導入でも安心してご利用いただけます。

わかりやすくて簡単なUI/UXデザインを採用し、どなたにでも直感的に操作していただきやすい点も「sinclo」の魅力です。料金体系は明確で、目的に合わせて選べる2つのプランをご用意。無理なく運用を続けられるため、社内に定着しやすいのがポイントです。チャットで営業の成果を出すなら「sinclo」にお任せください。

人材業界の課題を解決!

sinclo」はWebサイト上の様々な課題を解決するチャットボット型Web接客ツールです。800社以上での導入実績を誇り、人材業界での導入実績もございます。

下記でご紹介する人材派遣会社様の事例記事にもありますが、チャットボットは心理的なハードルが低く、気軽に利用できるという魅力があります。派遣情報サイトなどに導入することで、登録者数・面談予約件数の向上や、求職者からの問い合わせ対応を効率化する効果が期待できますので、ぜひご活用ください。

求人情報サイトの応募数や成約率をアップさせた成功事例

人材紹介・人材派遣事業を展開するモード・プランニング・ジャパン社の導入事例です。同社は、保育・介護・看護業界に特化し、求職者の転職活動から入職後まで幅広いサポートを手掛けています。

同社が既存の求人情報サイトやお役立ち情報サイトに「sinclo」のチャットボットを設置したところ、応募件数が増加。さらに、上記サイトの成約率はほかのメディアと比較して1.5~2倍と高く、なかでもチャット経由の成約率が高い状態となりました。

sinclo」は複数サイトに設置しても追加費用が発生しないため、多くのWebサイトを保有する同社は、コストを抑えながら成果をあげています。

まとめ

今回は、人材派遣会社の営業効率が下がる要因や、対策について解説しました。人材派遣会社の営業活動では、契約企業との関係性が重要となります。営業効率を高めて成果を出すなら、チャットボットの「sinclo」がおすすめです。導入をご検討の際は、どうぞお気軽にお問い合わせください。

sincloサービス資料はこちら!
sincloツールのご紹介と
活用方法をわかりやすく解説!
  • リード獲得の次の一手に
  • サポート業務の効率化に

プライバシーポリシー」の内容をご確認いただき、
同意の上「ダウンロードする」をクリックしてください。

  • コピーしました!
チャットボットsinclo TOP Chatbot Lab(チャットボットラボ) 人材派遣会社の営業効率が下がる要因と対策5選。費用別に紹介
ページTOPに戻る