Webマーケティング

ダイレクトマーケティングとは?
手法やメリット、チャットボットの活用例

  • コピーしました!

インターネットの普及や消費行動の変化などを背景に、顧客のニーズが多様化しています。こうした状況下で注目を集めているのが「ダイレクトマーケティング」と呼ばれる手法です。一人ひとりの顧客への理解を深め、ニーズに適したアプローチが求められています。

ここでは、ダイレクトマーケティングの基礎知識や、メリット・デメリットについて解説します。チャットボットの活用法もご紹介するため、マーケティングのご担当者様はぜひ参考にお読みください。

【sincloサービス資料】まずはこちらから!「3分でわかる」sincloサービス資料!~チャットボット型Web接客ツール「sinclo」の紹介とチャットボットでできることをわかりやすく解説しています。

ダイレクトマーケティングとは

ダイレクトマーケティングとは、企業が顧客へ直接アプローチをするマーケティング方法です。企業と顧客が双方向的なコミュニケーションを行います。近年では、BtoCビジネスに限らず、BtoBビジネスでも導入され始めています。

ダイレクトマーケティングは、顧客とのコミュニケーションに双方向性があるのが大きな特徴です。マスマーケティングでは、不特定多数の顧客へ向けて、一斉に一方向的なアプローチを行います。それに対してダイレクトマーケティングでは、一人ひとりの特定の顧客とコミュニケーションを充実させ、関係性を構築していきます。

そんなダイレクトマーケティングが注目される背景にあるのが、インターネットの普及や消費行動の変化などです。多くの人が日常的にオンラインショッピングを利用し、商品・サービスの情報を容易に入手できるようになった結果、ニーズが多様化したと考えられています。こうした多様なニーズに応えるため、一人ひとりの顧客へアプローチ可能なダイレクトマーケティングが有効となりました。

ダイレクトマーケティングの主な手法

ここでは、ダイレクトマーケティングで主に用いられている5つの手法をご紹介します。それぞれの手法の特徴や効果を押さえて、ダイレクトマーケティングの導入にお役立てください。

ダイレクトメール(DM)

顧客宛てに印刷物や電子メールなどを届ける、ダイレクトマーケティングの代表的な手法です。お得なキャンペーンやイベントのお知らせ、割引クーポンの配布など、顧客の購入を促す情報を届けて、販促につなげる役割があります。郵送のダイレクトメールでは、はがきや封書などの形式が用いられます。既存顧客(リピーター)には特別感のある内容、休眠顧客には再度興味を喚起する内容といった形で、顧客の状況に応じたアプローチを行うのがポイントです。

テレマーケティング

電話を通じて顧客とコミュニケーションを行う、古くからダイレクトマーケティングで用いられている手法です。テレマーケティングは、電話営業で新規顧客を開拓する「テレアポ」とは明確に区別されています。不特定多数に一律のアプローチを行うテレアポとは異なり、テレマーケティングでは顧客データに基づいた個別のアプローチを実施するのが特徴です。顧客の年齢層などの条件によっては、オンライン上の施策よりも効果的にマーケティングを行える可能性があります。

メールマーケティング

メールマーケティングは、顧客を条件別にリスト化し、一人ひとりに最適な情報を届けることで販促につなげる手法です。顧客全体に同様の内容を一斉配信する「メールマガジン」とは異なり、条件に応じた内容を配信するという特徴があります。たとえば、顧客の年齢や職業といった属性に応じて配信する「ターゲティング(セグメント)メール」、顧客の利用回数に応じて配信する「ステップメール」などが挙げられます。効果測定によって、メールの開封率や反応率の把握が可能です。

SNSマーケティング

ビジネス用のSNSアカウントを開設し、顧客とのコミュニケーションを充実させる手法です。代表的なSNSは「Instagram」「Twitter」「Facebook」「LINE」など。ターゲット層に多く利用されているSNSを選択します。アカウントから商品・サービスの情報発信を行ったり、キャンペーンを実施したり、幅広い活用方法が期待できます。また、SNS上に広告を出稿したり、フォロワー数の多いインフルエンサーにプロモーションを依頼したりできるのも特徴です。

レコメンデーション

顧客の属性や購買履歴などのデータに基づき、購入する確率が高い商品・サービスをシステムで自動的に提案する手法です。レコメンデーションの例として、ECサイトにおける「この商品を買った人は、こんな商品も買っています」と表示する仕組みがよく知られています。一人ひとりの顧客の傾向に応じて個別に提案することで、購入を促すのが特徴です。さらには、システムが利用者のデータを収集し、改善を繰り返し、より精度を高めることもできます。

ダイレクトマーケティングのメリット

ダイレクトマーケティングを実施すると、以下のメリットが期待できます。まずは、施策の効果について確認してみましょう。

費用対効果が高い

ダイレクトマーケティングは、広告出稿などの高額な費用が発生するマスマーケティングの施策と比べて、少ない費用で効果をあげやすいといわれます。一人ひとりの顧客に適したアプローチを選択し、効率的に取り組むことが可能です。

少人数体制でも運用しやすい

ダイレクトマーケティング専用のシステムやツールを活用すれば、少人数体制のカスタマーサポート部門でも問題なく運用可能です。人件費を抑えたい場合や、小規模の事業などでも採用できます。

効果測定で改善につなげられる

ダイレクトマーケティングの施策は、実施後に効果測定が可能です。実際に顧客の反応を見ながら、現状の課題を発見し、次回の改善へとつなげられます。そのため、より効率的にマーケティングの成果をあげやすいといわれます。

ダイレクトマーケティングのデメリット

ダイレクトマーケティングには、少なからずデメリットもあります。デメリットをカバーする方法も含めて、導入前に確認しておくと安心です。

効果が出るまでに時間がかかる

ダイレクトマーケティングの施策は、一度の実施で大きな成果をあげられるとは限りません。一般的に、効果が出るまでには一定の時間がかかります。施策を開始してから効果が見られ始め、コストを回収できるまでにはある程度の期間が必要な点に留意しましょう。

きめ細やかな対応が必要

ダイレクトマーケティングの手法は、常に変化を続けています。成果をあげ続けるには、ニーズの変化や社会の変化へ柔軟に対応することが重要です。また、一人ひとりの顧客のニーズを読み取り、個別に対応する必要もあるでしょう。

オンライン上できめ細やかな対応を実現するには、「チャットボット」が有効です。自動運用可能なbotが、Webサイトを訪問したユーザーへ向けて、個別に話しかけを行います。ダイレクトマーケティングでも活用できるツールです。

ダイレクトマーケティングにおけるチャットボットの活用法

チャットボットとは、Webサイト上でユーザーと自動的にコミュニケーションを行うツールのこと。ダイレクトマーケティングのツールとしても活用できます。botがユーザーへ自動的に話しかけを行い、会話形式の自然な流れで商品・サービスの訴求を行います。また、ユーザーからの問い合わせや申し込みを受け付けることも可能です。テキストメッセージでの双方向的なコミュニケーションを実現します。

チャットボットを自社のWebサイトに設置すると、訪問した見込み顧客の購買意欲向上が期待できます。問い合わせや資料請求を行う見込み度が高い顧客に対しては、社内のオペレーターがチャットで応対し、きめ細やかな接客を行うことも可能です。その際は、無人対応・有人対応の双方で運用可能なハイブリッド型チャットボットをご利用ください。

また、チャットボットの一問一答形式を生かして、ユーザーが楽しめる「診断コンテンツ」を提供する活用法もあります。チャットボット利用のハードルを下げてコミュニケーションを促し、ユーザー情報の取得などネクストアクションへとつなげます。アイデア次第で、CV獲得を強化するコンテンツとしても活用可能です。

きめ細やかな対応を実現し、ダイレクトマーケティングの効果を高めるなら、チャットボットの導入をご検討ください。

なお、「診断コンテンツ」を活用した成功事例として、CVRがsinclo導入前の約14倍にまで向上した株式会社Paddle様の事例を公開しておりますので、ぜひご覧ください。

「sinclo」でダイレクトマーケティングの効果を最大化

Webサイトにダイレクトマーケティングの施策を実施するなら、ハイブリッド型チャットボットの「sinclo」をおすすめします。

sinclo」は、簡単で分かりやすいチャットツールです。ダイレクトマーケティングをはじめとして、Webマーケティング目的での導入に適しています。

料金体系は、月額9,440円~の「コスト重視プラン」と、月額29,440円~の「成果重視プラン」の2種類。低コストで、コスト回収までに時間がかかりやすいダイレクトマーケティングでも安心です。

また、有人チャットとの切り替えが可能なため、必要に応じて人間のオペレーターが応対し、きめ細やかな接客を実現します。

さらに、「履歴・統計レポート」機能では、チャット履歴や自動返信応対率などの統計レポートを閲覧できます。顧客の詳細なデータを分析し、運用改善へつなげられるのが魅力です。マーケティングの効果を最大化するためにお役立てください。

sinclo」では、初めてのお客様へ向けて無料トライアルや資料の無料ダウンロードをご用意しています。Webマーケティングの強化で導入をお考えの際は、どうぞお気軽にお問い合わせください。

まとめ

今回は、ダイレクトマーケティングについてご紹介しました。ダイレクトメール(DM)やテレマーケティングに代表されるように、多くの手法が存在します。一人ひとりの顧客にアプローチするために、きめ細やかな対応ができると理想的です。

チャットボットは、そんなダイレクトマーケティングで活用できるツールの一つ。「sinclo」はWebマーケティング目的での導入に強く、すでに多くの企業様でご利用いただいています。ダイレクトマーケティングの手法として、ぜひチャットボットをお役立てください。

sincloサービス資料はこちら!
sincloツールのご紹介と
活用方法をわかりやすく解説!
  • リード獲得の次の一手に
  • サポート業務の効率化に

プライバシーポリシー」の内容をご確認いただき、
同意の上「ダウンロードする」をクリックしてください。

HOME Chatbot Lab ダイレクトマーケティングとは?手法やメリット、チャットボットの活用例
ページTOPに戻る