Webマーケティング

EFO目的でのチャットボット活用事例。
フォーム改善による集客効果を紹介!

  • コピーしました!

チャットボットは、EFO(入力フォーム最適化)にも有効なツールです。入力フォームの改善と併せて、Webサイトへの導入を検討してはいかがでしょうか。本記事では、EFO目的でのチャットボット活用事例を取り上げます。今後の導入へ向けて、ぜひ参考にお読みください。

【sincloサービス資料】まずはこちらから!「3分でわかる」sincloサービス資料!~チャットボット型Web接客ツール「sinclo」の紹介とチャットボットでできることをわかりやすく解説しています。

企業がEFOに取り組む重要性

EFOは、CV獲得につながる施策です。入力フォームでユーザーにストレスを与えると、CV直前で大切な顧客を失ってしまうことも。さらには、企業の商品やサービスに対しても悪い印象を与えかねません。

そこで入力フォームの改善策として取り組みたいのが、フォーム自体を改善する方法とツールを活用する方法です。フォームの改善では、デザインや入力項目の見直しを行いユーザビリティを高めます。

これに加えて、「EFOツール」や「チャットボット」などの導入が注目されています。なかでもチャットボットは、入力フォームと比較してユーザーが容易に入力しやすい点が特長です。

EFOにチャットボットを活用した企業の成功事例4つ

EFOにチャットボットを活用した成功事例を4つご紹介します。こちらでピックアップしたのは、チャットツール「sinclo」の導入企業のケースです。ぜひツール選定の参考にしてみてください。

【1】株式会社Plus One様の成功事例

イベント会場の検索ポータルサイトを運営する株式会社Plus One様では、ユーザビリティ向上の目的でチャットボットを導入しました。導入後は、ユーザーの平均滞在時間が約20~30秒伸長したのに加え、会員登録数が30~35件/月まで増加。入力フォームよりも利便性の高いツールによって、会員登録を約7.5倍に向上させました。

【2】エイネット株式会社様の成功事例

Web会議システムを開発するエイネット株式会社様では、リード獲得強化のためチャットボットを導入しました。ユーザーの離脱防止対策として、チャットボットによる入力サポート機能を活用。リード総数10〜20%アップを実現しました。チャット経由のリードは、フォーム経由と同様にアポ率や受注率が高くなっています。

【3】株式会社センチュリー21・ジャパン様の成功事例

不動産フランチャイズ事業の株式会社センチュリー21・ジャパン様では、顧客の離脱を防ぎ、見込み顧客への転化を狙ってチャットボットを導入しました。入力フォームよりも問い合わせのハードルを下げ、さらには積極的なアプローチで離脱を低減。導入以降、チャット経由で400件以上もの顧客を獲得し続けています。

【4】株式会社Wiz(ワイズ)様の成功事例

ITの総合商社としてDX推進を担う株式会社Wiz様では、問い合わせフォーム以外でのCV獲得を目的にチャットボットを導入しました。導入後は、問い合わせ数157%アップ、受注数147%アップを実現。既存の入力フォームとは別に、チャット窓口からも順調に問い合わせを増加させています。

EFOの施策を成功させるためのポイント

ご紹介した成功事例のように、EFO目的でのチャットボット活用を成功させるには、以下のポイントを押さえておきましょう。

効果測定を行う

チャットボットでEFOの施策を実施したら、その後に詳細な分析を行い、効果を測定しましょう。その際は、Googleアナリティクスなどの分析ツールを活用できます。効果測定で現状の課題を特定し、チャットボットの運用改善を繰り返すことが重要です。

自社に適したツールを選ぶ

チャットボットの導入時は、ツールの選び方が重要となります。ツールによって、機能や料金体系はさまざまです。コストに見合った効果が期待できるか、現場での使い勝手は良いかなどのポイントで、複数を比較検討しましょう。

コストパフォーマンスを重視するなら、シンプルなチャットツール「sinclo」がおすすめです。企業様のご要望に応じて、低価格の「コスト重視プラン」と、機能が豊富な「成果重視プラン」をご提案します。目的に合わせてお選びください。

企業での導入実績が豊富な「sinclo」とは?

sinclo」は、簡単で分かりやすいハイブリッド型チャットツールです。ノーコードで運用でき、直感的に操作できるため、どなたでも安心してご利用いただけます。

botによる自動対応のほか、オペレーターによる有人対応も可能で、充実したWeb接客を実現します。

また、sinclo」は導入実績が豊富で、すでに800社以上の企業様でご利用いただいています。ビジネスの規模に応じて、最適なプランをご提案可能です。経験豊富なコンサルタントが、導入前から運用後まで手厚くサポートいたします。

EFOに有効な機能が充実しているのも、「sinclo」の強みです。おすすめは、ユーザーが入力する手間を省く「一括ヒアリング」や、離脱直前に再アプローチを行う「離脱防止設定」など。EFO目的の導入で、ぜひお役立てください。

まとめ

EFO目的でのチャットボット活用事例をご紹介しました。今回取り上げた「sinclo」は、無料トライアルや資料ダウンロードをご利用いただけます。どうぞお気軽にお問い合わせください。

sincloサービス資料はこちら!
sincloツールのご紹介と
活用方法をわかりやすく解説!
  • リード獲得の次の一手に
  • サポート業務の効率化に

プライバシーポリシー」の内容をご確認いただき、
同意の上「ダウンロードする」をクリックしてください。

HOME Chatbot Lab EFO目的でのチャットボット活用事例。フォーム改善による集客効果を紹介!
ページTOPに戻る