Webマーケティング

フォームの離脱改善方法とは?
チャットボットによる対策方法を紹介

  • コピーしました!

Webサイトの入力フォームは、問い合わせや資料請求などの窓口であり、企業の売上につながる大切な部分です。ところが、そんなCV獲得直前の段階で離脱してしまうユーザーが少なくありません。

どのような施策に取り組めば、離脱を改善できるでしょうか。ここでは、入力フォームの改善方法や、おすすめのツールをご紹介します。

【sincloサービス資料】まずはこちらから!「3分でわかる」sincloサービス資料!~チャットボット型Web接客ツール「sinclo」の紹介とチャットボットでできることをわかりやすく解説しています。

入力フォームで離脱するユーザーはどれくらい?

Webサイトを利用する多くのユーザーが、入力フォームの段階で離脱するといわれています。実際にはどれくらいの割合で離脱しているのでしょうか。

業界や商品・サービスの種類によっても異なりますが、入力フォームの平均的な離脱率は、約70~80%といわれます。つまり、ほとんどのユーザーがCV直前で離脱している状況です。

なお、離脱率は「入力フォームの離脱数÷入力フォームのページビュー数」の計算式で算出できます。運営しているWebサイトの数値を測定してみましょう。

お伝えしたように、入力フォームで離脱するユーザーは7割以上にものぼります。しかし、なかにはページの改善によって、離脱率を低下させた成功事例も存在します。

このような入力フォームの改善施策は「入力フォーム最適化(EFO)」と呼ばれます。より多くのCV獲得へ向けて、EFOに取り組みましょう。

入力フォームを改善する方法

多くのユーザーを入力フォームから離脱させる原因として、ユーザビリティの問題が挙げられます。Webサイトが使いづらい場合、具体的にどのように改善すべきでしょうか。ユーザーが快適に利用しやすい設計とするために、以下のポイントを意識してみましょう。

項目を最小限に抑える

  • 入力フォームの項目数は、ユーザーの負担を抑えるためにも、必要最小限にとどめましょう。見直しの際は、全体的に不要な項目を削ります。
  • ページ上にあるリンク・バナー・ボタンなどを削減し、余計な情報はできるだけ減らしておきます。
  • 必ず入力する項目は、「入力必須」と分かりやすく明記しましょう。その他の項目とひと目で区別できることが大切です。

スムーズな入力を補助する

  • ユーザーがストレスなく入力できるよう、自動入力機能を導入する方法もあります。たとえば、郵便番号を入力すると住所が自動的に入力されるものが代表的です。
  • 入力内容にエラーがある場合は、スムーズに修正できるよう、内容を具体的に表示させましょう。
NG例:入力内容にエラーがあります
OK例:電話番号は半角数字で入力してください

ユーザーを適切に誘導する

  • 入力フォームでは、ユーザーを迷わせないよう、適宜誘導を行います。入力のステップを表示して、現在の段階を明らかにすれば、手続きの完了までの不安を解消しやすくなります。
  • フォームの付近に、正しい記入例を掲載しましょう。ユーザーが入力時の参考にしやすくなります。

入力フォームの離脱改善に役立つツール

入力フォームの離脱改善の施策として、専用のツールを導入する方法もあります。ここでは、EFOツール」「アクセス解析ツール」「チャットボット」の3つをご紹介します。

  • EFOツール…入力フォーム最適化に特化したツールです。デザインの改善や、ユーザーへのアラート実施など、EFOに役立つ機能が搭載されています。
  • アクセス解析ツール…Webサイトへのアクセス状況を詳細に分析するツールです。入力フォームへの誘導を増やしたり、離脱のポイントを明らかにしたりすることで、改善へと導きます。
  • チャットボット…Webサイト上に設置できるコミュニケーションツールです。会話形式の自然な流れで、ユーザーをCVへと誘導します。入力フォームと比較して入力が容易である点や、履歴が残るため再入力の手間を避けられる点が特長です。データ分析も可能なため、課題の特定を促し、改善へとつなげられます。

なかでもチャットボットは、ユーザーへの話しかけを行い、積極的なアプローチが可能な方法です。EFOをはじめとして、幅広いWebマーケティングの施策で活用されています。

フォームの離脱改善は「sinclo」のチャットボットにおまかせ!

入力フォームの離脱改善は、「sinclo」のチャットボットにおまかせください。

sinclo」は、ノーコードでどなたにも運用していただける、簡単で分かりやすいチャットツールです。導入によって、入力フォーム最適化(EFO)でも高い効果が期待できます。

独自の「一括ヒアリング(署名整形)」機能によって、ユーザーの入力をサポート。メール署名をコピー&ペーストするだけで手続きを実現し、入力の手間を最小限にとどめます。

また、注目の「離脱防止設定」では、ページから離脱しようとするユーザーに対して、チャットボットの画面を表示。再度アプローチを行うことで、離脱防止につなげます。

「離脱防止設定」の活用イメージ

Webマーケティング用途でのsinclo活用事例

まとめ

今回は、フォームの離脱改善方法についてお伝えしました。大部分のユーザーが入力フォームから離脱しています。入力フォームの改善によってCVアップのチャンスが期待できるため、施策を検討してはいかがでしょうか。対策の一つとして、チャットボットの導入をおすすめします。

sincloサービス資料はこちら!
sincloツールのご紹介と
活用方法をわかりやすく解説!
  • リード獲得の次の一手に
  • サポート業務の効率化に

プライバシーポリシー」の内容をご確認いただき、
同意の上「ダウンロードする」をクリックしてください。

HOME Chatbot Lab フォームの離脱改善方法とは?チャットボットによる対策方法を紹介
ページTOPに戻る