Webマーケティング

VR展示会はチャット接客が主流!
来場者の問い合わせを促すツール

  • コピーしました!

高度な技術を用いて、まるで現実の体験のようにリアルな感覚を得られるバーチャルリアリティ。そんなVR技術をビジネスシーンの展示会と組み合わせた、新たなスタイルの展示会が始まっています。ここでは、VR展示会の特徴や強みをお伝えします。また、VR展示会に適した接客方法もご紹介します。

VR展示会とは

VR展示会とは、オンラインで開催される展示会のなかでも特に、VR(バーチャルリアリティ)の技術を用いて展示会の空間を再現したものを指します。VRは仮想現実とも呼ばれ、映像や音声などを通して現実の体験に近いリアルな感覚を得られるのが特徴です。「バーチャル展示会」や「Web展示会」などと呼ばれることもあります。

VR展示会の会場となるWebサイトには、VRの展示空間が設置され、多数の企業がブースを出展できます。各ブースにパネルやモニターなどを設置し、商品やサービスのPRが可能です。また、企業の担当者が待機し、オンラインでの接客や商談も行えます。従来の展示会とほぼ同等のアプローチが期待できるでしょう。

VR展示会に期待できること

従来の展示会と比較したとき、VR展示会にはどのような強みがあるでしょうか。VR展示会というスタイルが、これまでの展示会の課題解決につながる可能性もあります。ここでは、VR展示会に期待できることをお伝えします。

混雑の緩和

従来の展示会では、通路やブースが多数の人で混雑して、一人ひとりの来場者へ十分に接客できないケースがありました。それに対してVR展示会は、来場者がスムーズにブースをチェックしやすく、出展者が余裕をもって接客しやすいところが強みです。また、対面での接触を避けるため新型コロナウイルス感染症対策にもつながります。

来場者の分析

VR展示会へのアクセスを解析することで、ブースの来場者数や来場者の情報などを正確に把握できます。従来の展示会では、交換した名刺の枚数から来場者数を概算していた企業も少なくないようです。オンラインだからこそ来場者をより詳細に分析し、今後のマーケティングに生かせるメリットがあります。

展示会終了後のマーケティング

VR展示会は、展示会終了後も営業活動がしやすいという強みがあります。展示会の来場者には、後日メールで展示会会場のURLをシェアして、再来場を促すことが可能です。このとき、チャットツールでいつでも各企業へ問い合わせできる仕組みを導入することで、引き続き来場者と出展者の窓口を確保できます。

VR接客ではチャットでのやり取りが主流

多くのVR展示会では、バーチャル空間でのコミュニケーション手段として、主にチャットツールが用いられています。たとえば、企業ブースを訪れた来場者が、テキストメッセージで出展者へ問い合わせを行います。それに対して、企業の営業担当者が有人チャットでリアルタイムに回答するのが、チャット接客の一連の流れです。

チャットツールは、近年Webマーケティングの分野でも注目を集め、多くの企業が自社サイトへの導入を始めています。チャットツールで接客するメリットは、ユーザーの「気軽に質問したい」「すぐに回答が欲しい」といったニーズを満たせることです。VR展示会と相性の良い、ライブ感のあるコミュニケーションを実現できます。

チャットツールを設置することで、来場者からの問い合わせを促す効果が期待できます。電話やメールなどの手段と比べて、活発なやり取りが生まれやすいツールです。VR展示会のコミュニケーションにはチャットツールの導入をご検討ください。

VR展示会の接客におすすめのツール「sinclo」

VR展示会は、リアルな展示会を意識した演出を特徴としているからこそ、ライブ感が求められます。特に、出展者と来場者とのリアルタイムなコミュニケーションは、VR展示会に欠かせない要素のひとつです。そんなVR展示会での接客に導入するチャットツールをお探しなら「sinclo」をおすすめします。

sinclo」のチャット応対は、有人対応での運用が可能です。VR展示会のブースで利用すれば、来場者に対してきめ細やかな接客を提供できます。即時的なコミュニケーションを実現し、イベントにライブ感をもたらします。有人対応とbotによる自動対応を切り替えできるため、来場者の見込み度の高さに応じて使い分けましょう。

sinclo」はWebマーケティングツールとしての導入実績が豊富で、Web接客に最適です。チャット上では画面共有や資料共有が可能で、VR展示会の来場者に対して柔軟にアプローチができます。Web接客で問い合わせを獲得し、その後のオンライン商談へつなげましょう。VR展示会を営業活動に生かすためにお役立てください。

まとめ

VR展示会は、VR技術を駆使した演出が特徴で、まるで展示会の現場のような臨場感があります。そんな演出に合わせて、リアルタイムでのコミュニケーションを実現するためのツールを導入することが重要です。有人対応と自動対応の双方に対応したチャットツール「sinclo」を導入し、VR展示会の開催を成功させましょう。

HOME Chatbot Lab VR展示会はチャット接客が主流!来場者の問い合わせを促すツール
ページTOPに戻る