Webマーケティング

営業部門の人的リソースを有効活用!
チャットツールで生産性アップ

  • コピーしました!

オンライン時代に突入し、営業活動のあり方が大きく変化しつつあります。そんななか営業成績をアップさせるために、新たな手法を取り入れるのもひとつの手です。

ここでは、営業部門の人的リソースを有効活用し、Webマーケティングを強化するために、新しいセールスの手法である「チャットツール」をご紹介します。

見直しが必要?営業部門のリソース配分の現状

インターネットの普及、新型コロナウイルス感染拡大など、社会が大きな変化を迎えています。それにともない、企業の営業活動も大きく変化しつつある状況です。そんななか、社内の人的リソースは最適に配分されているでしょうか?

従来の営業活動では、オフラインでの活動に人的リソースの大部分を充てるのが主流でした。接客や商談は基本的にオフラインで実施。営業部門は、業務時間の大部分を客先へ足を運んでの業務に注力していました。

それに対して、昨今はオンラインでの営業活動が増加しています。ところが、営業活動が変化を迎えているにもかかわらず、人的リソース配分が従来のままで、最適化されていない企業が少なくありません。オフラインでは人的リソースに余剰が生じ、オンラインでは人的リソースが不足しやすい傾向にあります。

オンラインでの営業活動は、今後も増加していく見込みです。したがって、営業部門の人的リソース配分も、オンラインを中心として確保していく必要があります。売上維持や拡大のため、自社の営業部門のあり方を見直してみましょう。

営業部門の人的リソースが不足している現状

ここまでお伝えしてきた営業活動の変化に加えて、現状は営業部門の人的リソースが全体的に不足しているという問題があります。

人的リソースが不足する理由のひとつは、少子高齢化にともなう人手不足です。また、近年の働き方改革により、営業部門の労働環境が見直されつつあります。労働時間が削減された分、業務効率化が求められます。限られた労働時間でいかに十分な人的リソースを確保するか、多くの企業にとって課題といえるでしょう。

もうひとつの理由は、営業部門の属人化です。一般的に、営業部門のスキルは属人化しやすいといわれています。たとえば、外出先では各自が単独で行動するため、トップセールスのスキルは共有される機会がほとんどありません。若手とベテランの能力に大きな差が生じやすく、十分な実力を身につけるまでに多くの時間が必要です。

少人数で効率良く営業成績をアップさせるには?

営業活動が変化し、人的リソースが不足する現状。限られた人的リソースを適切に配分し、かつ少人数でも営業成績を上げるには、どんな対策を採るべきでしょうか。ひとつの選択肢として、「チャットツール」の活用が挙げられます。

チャットツールとは、Webサイト上で営業活動を行うツールのことです。導入すれば、顧客とのやり取りをオンラインで実施できます。ネット環境があれば利用でき、リモートワーク中でも営業活動の一環として取り入れられるのが特徴です。

チャットツールは、あらかじめ設定したシナリオに沿ってコミュニケーションをとる「自動対応」と、オペレーターによる「有人対応」を利用できます。特に有人対応では、まるで従来の営業活動のようにリッチな接客が実現可能です。Webマーケティングの重要性が高まるなか、営業部門の新たな接客方法として注目されています。

さらには、テキストメッセージによるやり取りを通して、オンライン商談の獲得も期待できます。オンライン商談は、ネットを介して非対面で行われる商談のことです。従来の商談とは異なり、映像や音声の記録を残したり、社内で実施して複数人が同席したりできます。ベテランのテクニックを若手に共有する機会としても有効です。

営業部門と顧客との新たな窓口として、Webサイトにチャットツールを設置してはいかがでしょうか。オンライン時代に即したセールスにいち早く対応するために、ぜひチャットツールの導入をご検討ください。

営業部門で活用できるチャットツール「sinclo」

営業部門で活用できるチャットツールをお探しなら、Webマーケティングでの導入実績が豊富な「sinclo」をおすすめします。「sinclo」は、自動対応と有人対応の切り替えが可能な、ハイブリッド型のチャットボットです。

顧客への接客時には画面や資料の共有が可能で、営業活動で役立つ機能が充実しています。さらには、顧客がWebサイトからの問い合わせや申し込みをしやすい、代理入力機能も搭載。従来の営業活動のように、リッチな接客が可能です。

「sinclo」を導入される際は、当社の経験豊富な導入コンサルタントが、企業様のご要望に合わせてスムーズな運用のためにお手伝いいたします。初めてのチャットボット導入でも、どうぞお気軽にお問い合わせください。

まとめ

オンラインでの営業活動が増加し、人的リソース配分の見直しが求められています。

そんななか、新たなセールスの手法として注目されるチャットツールは、少人数の営業部門でも運用しやすいのが特徴です。

その際は、Webマーケティングに特化した「sinclo」をご検討ください。営業成績アップのために、チャットツールでWebマーケティングを強化しましょう。

HOME Chatbot Lab 営業部門の人的リソースを有効活用!チャットツールで生産性アップ
ページTOPに戻る