ノウハウ

チャットボットの導入に必要なものとは?
導入効果と成功のポイントを解説

  • コピーしました!

チャットボットを導入するには、一体なにが必要なのでしょうか。もちろん予算やリソースも必須ですが、実はほかにも重要なものがあります。今回は、チャットボット導入で大切にしたい「導入準備」についてお伝えします。今後の導入へ向けて、少しずつ準備を始めてみてはいかがでしょうか。

【sincloサービス資料】まずはこちらから!「3分でわかる」sincloサービス資料!~チャットボット型Web接客ツール「sinclo」の紹介とチャットボットでできることをわかりやすく解説しています。

チャットボットの導入準備を始めましょう

チャットボット導入に必要なのは、十分な「準備」です。チャットボットは、ビジネスシーンで活躍するITツールですが、導入すれば必ず効果が出るわけではありません。なかにはチャットボット導入に失敗する事例もありますが、これらの主な原因は、導入時の準備不足だといえます。目的が不明瞭なまま導入に踏み切ってしまったり、自社のニーズに適していないツールを選んでしまったり、社内体制を整える前に導入を推進してしまったり……。こうした準備不足が原因の失敗を避けるためにも、導入準備の大切さを理解しておきましょう。

チャットボットの導入効果

チャットボットを導入すると、「CVR向上」の効果が期待できます。ユーザーとのコミュニケーションを充実させ、Webマーケティングを強化できるためです。また、Webサイトの利便性やサポート品質が高まることで、「顧客満足度アップ」につながると考えられています。さらに、よくある質問をチャットボットで解決できるようになると、オペレーターの電話応対の負担が減り、「人件費の削減」も期待できます。こうした効果を得るためにも、十分な導入準備を行うことが重要です。準備の際は、以降でお伝えするポイントを参考にしてみてください。

チャットボット導入を成功へ導く3つのポイント

チャットボット導入を成功させるには、いくつかのポイントがあります。社内では以下の3点を意識して取り組みましょう。

導入の目的を明確に定める

導入準備の段階で、なぜチャットボットを導入するのか、解消するべき課題はなにか、どんな目標を達成したいのか、自社の目的を明確にしておきましょう。目的が定まっていない状態で導入すると、効果的な運用ができずにコストの無駄が生じてしまうおそれがあります。チャットボットの導入後は定期的に効果測定を実施して、目標の達成状況を確認しながら、改善を繰り返しましょう。

最適なサービスを選定する

導入目的が決まったら、最適なサービス提供会社を選定します。チャットボットの機能や料金プランは、ベンダー各社で異なります。求める機能が搭載されているか、コストは予算の範囲で収められるか、複数社を比較検討してみましょう。その際は、ベンダーのサポート体制や担当者の対応にも着目してみてください。安心してサービスを利用し続けるには、信頼できる業者を選ぶことも大切です。

社内の運用体制を構築する

チャットボット導入を成功させるには、社内スタッフの協力が不可欠です。チャットボット運用を推進するリーダーや、担当部門の役割などを決めて、プロジェクトの運用体制を構築しましょう。このように社内の運用体制を整備しておくと、チームで取り組みやすくなるだけでなく、導入後にスタッフの混乱を避けることにもつながります。社内の問い合わせ先が明白になり、スムーズな運用が期待できるでしょう。

チャットボット導入の流れ

最後に、チャットボット導入の流れを3つのステップに分けて解説します。運用スタートまでに必要なことを確認しておきましょう。

STEP1:問い合わせ

まずは、チャットボットのサービス提供会社へ問い合わせを行います。資料請求や見積り依頼のほか、ツールの無料トライアルを実施しているベンダーもあります。チャットボットのユーザビリティは、運用を成功させるために重要なポイントです。導入予定のツールがあれば、現場のスタッフに体験してもらうと良いでしょう。

STEP2:導入準備

サービス提供会社との契約を結んだら、導入準備へと進みます。コンサルタントと相談しながら、自社に適した運用方法やチャットボットのシナリオを設計しましょう。また、社内ではチャットボット導入の責任者や担当部署を選出し、運用スタートのタイミングや業務フローなどをスタッフに周知します。

STEP3:運用スタート

いよいよチャットボットの運用スタートです。運用開始後は、設置したチャットボットのデータ分析と改善を繰り返します。一定の成果をあげるには、継続して施策に取り組むことが大切です。サービス提供会社の担当者と協力しながら、チャットボット導入を成功へと導きましょう。

ハイブリッド型チャットツールの「sinclo」では、経験豊富な導入コンサルタントが、導入から運用までを手厚くサポートいたします。チャットボット導入は、充実のフォローで成果につなげる「sinclo」におまかせください。

チャットユーザーの利便性・満足度を独自調査し、診断・改善する「sindan」

当社ではチャットボットの運用改善に役立つサービス「sindan(シンダン)」を提供しています。

本サービスでは、選ばれたモニターがチャットボットを実際に利用し、数十項目に及ぶ観点から利便性や満足度を調査します。その後、調査結果に合わせた改善策のご提案や、チャットの変更(実装)まで実施いたしますので、導入後の運用改善にぜひご活用ください。

▼『sindan(シンダン)』の詳細はこちらから
https://sinclo.medialink-ml.co.jp/news/sinclo-sindan-release/

まとめ

チャットボット導入で結果を出すには、十分な準備が必要です。導入を検討し始めたら、今回ご紹介したポイントを参考に、運用スタートへ向けて取り組みましょう。その際、チャットボットのご相談は、お気軽に「sinclo」へお問い合わせください。

sincloサービス資料はこちら!
sincloツールのご紹介と
活用方法をわかりやすく解説!
  • リード獲得の次の一手に
  • サポート業務の効率化に

プライバシーポリシー」の内容をご確認いただき、
同意の上「ダウンロードする」をクリックしてください。

HOME Chatbot Lab チャットボットの導入に必要なものとは?導入効果と成功のポイントを解説
ページTOPに戻る