カスタマーサポート ノウハウ

人材紹介会社の働き方改革。
業務改善をサポートするITシステム3選

企業と求職者のマッチングを支援する人材紹介会社では、キャリアコンサルタントをはじめとした専門職の業務負担が懸念されています。業務の中心を担う働き手が、コア業務に注力しやすい環境を整えるためには、どのような施策に取り組むべきでしょうか。

本記事では、人材紹介会社の働き方改革におすすめのITシステムをご紹介します。人材紹介業の課題を解決へ導くうえで、ぜひ参考にしてみてください。

【sincloサービス資料】まずはこちらから!「3分でわかる」sincloサービス資料!~チャットボット型Web接客ツール「sinclo」の紹介とチャットボットでできることをわかりやすく解説しています。

人材紹介会社のビジネスモデル

人材紹介会社とは、企業と求職者との間に立ち、両者のマッチングを支援する事業を行う会社のことです。企業は、人材紹介会社に求人の申し込みを行います。一方で、求職者は人材紹介会社に求職の申し込みを行います。このように、企業に人材を紹介し、求職者に求人を紹介するのが、人材紹介会社のビジネスモデルです。

人材紹介会社には、「キャリアコンサルタント」と呼ばれる専門家が在籍します。会社によっては「キャリアアドバイザー」や「キャリアカウンセラー」が在籍していますが、いずれも求職者へ向けて就職活動のサポートを提供するのが主な業務内容です。専門的な知見からのアドバイスや、入社に関する調整などを行います。

同時に、人材紹介会社は採用活動中の企業にもサポートを提供しています。企業が求める人材像に対して、労働市場のなかから相性の良い人材を見極め、精度の高いマッチングを実現するのも重要な役割の一つです。そのため、人材紹介会社のサービスを利用することで、企業は自社の採用活動の負担を軽減できるようになります。

人材紹介会社の働き方改革における課題と対策

多くの人材紹介会社では、キャリアコンサルタントをはじめとした専門職の業務負担増加が課題となっています。

キャリアコンサルタントは国家資格であり、人材紹介会社では業務を中心的に担う立場にあります。キャリアアドバイザーやキャリアカウンセラーは国家資格ではありませんが、同様に職業選択や能力開発の相談に乗り、指導を行う専門家です。

一般的に、これらの専門職は社内でも業務量が集中しやすい傾向にあります。なかには事務処理のようなコア業務以外の業務にも多くのリソースを割かれ、生産性が低下してしまうケースも少なくありません。

上記の課題を受けて、人材紹介会社の働き方改革では、キャリアコンサルタントをはじめとした専門職の業務効率化に取り組む必要があります。特に、コア業務以外で発生する業務は、可能な限り削減すべきといえるでしょう。

キャリアにかかわる専門職がコア業務に集中しやすい環境を整えることは、人材紹介会社のサービス品質向上にもつながります。働き方改革をサポートするITシステムを導入し、顧客である企業や求職者へより良いサービスを提供しましょう。

働き方改革をサポートする
ITシステム3選

人材紹介会社の生産性を向上させるには、キャリアコンサルタントの業務負担を軽減し、コア業務に注力できる環境を整備する必要があります。ここでは、そんな人材紹介会社の働き方改革をサポートする、3つの代表的なITシステムをご紹介します。

【1】人材業界向け業務管理システム

人材業界向け業務管理システムとは、人材紹介会社や人材派遣会社など、人材業界の企業向けに開発された専門システムです。人材紹介や人材派遣の業務に特化した機能が搭載されています。

応募やマッチングの際に発生する膨大な量のデータを整理することにより、システム上でスムーズに案件管理を行えるようになります。自社のスタッフ間での情報共有が容易になるため、社内連携の強化にも有効です。

【2】人材紹介システム

人材紹介システムとは、人材紹介会社の業務に特化した専門システムです。人材業界のなかでも、人材紹介業向けに開発されています。業務上で取り扱う求人や求職者の情報をデータベース化して、管理の工数を削減。ビジネスの拡大にともなう情報の増加にも対応しやすく、請求情報などのデータと併せて一元管理を実現できます。システム上に蓄積されたデータを、自社のノウハウとして活用できるのもメリットです。

【3】チャットボット

チャットボットとは、Webサイトに設置して、ユーザーとのコミュニケーションを自動化するITシステムです。企業のDX推進の観点でも注目され、人材業界を含む幅広いビジネスで活用が始まっています。

人材紹介会社においては、問い合わせ対応の自動化に貢献できます。企業や求職者からの問い合わせに対し、チャットボットが自動で対応。顧客からのよくある質問の自己解決を促し、専門職の業務負担削減を実現できます。無人での運用が可能で、Webサイト上から24時間365日受付できるため、顧客である企業や求職者の利便性が高まるのもメリットです。

人材紹介会社に導入するなら成果につながる「sinclo」

人材紹介業にITシステムを導入するなら、問い合わせ対応業務を自動化できるチャットボットがおすすめです。なかでもチャットボットの「sinclo」は、操作が簡単でわかりやすいことから、業界を問わず800社以上での導入実績を誇ります。問い合わせ対応などカスタマーサポート目的で導入し、工数削減の成果をあげた企業様の事例もございます。働き方改革は、ぜひ「sinclo」にご相談ください。

sinclo」は、初めてITシステムを導入する企業様向けに、使いやすいUI/UXデザインに力を入れています。直感的に操作できるので、社内の運用が容易で、無理なく定着しやすいのが魅力です。多忙な現場で採用するITシステムは、使い勝手の良さも重視してお選びください。さらに「sinclo」は、成果につながるサポートが充実しているのも強みです。経験豊富な専任のコンサルタントが、導入から運用後まで手厚くフォローいたします。チャットで成果を出すなら「sinclo」にお任せください。

人材業界の課題を解決!

sinclo」はWebサイト上の様々な課題を解決するチャットボット型Web接客ツールです。800社以上での導入実績を誇り、人材業界での導入実績もございます。

下記でご紹介する人材派遣会社様の事例記事にもありますが、チャットボットは心理的なハードルが低く、気軽に利用できるという魅力があります。派遣情報サイトなどに導入することで、登録者数・面談予約件数の向上や、求職者からの問い合わせ対応を効率化する効果が期待できますので、ぜひご活用ください。

求人情報サイトの応募数や成約率を
アップさせた成功事例

人材紹介・人材派遣事業を展開するモード・プランニング・ジャパン社の導入事例です。同社は、保育・介護・看護業界に特化し、求職者の転職活動から入職後まで幅広いサポートを手掛けています。

同社が既存の求人情報サイトやお役立ち情報サイトに「sinclo」のチャットボットを設置したところ、応募件数が増加。さらに、上記サイトの成約率はほかのメディアと比較して1.5~2倍と高く、なかでもチャット経由の成約率が高い状態となりました。

sinclo」は複数サイトに設置しても追加費用が発生しないため、多くのWebサイトを保有する同社は、コストを抑えながら成果をあげています。

まとめ

ここまで、人材紹介会社の働き方改革について解説しました。キャリアコンサルタントをはじめとした専門職の業務負担を可能な限り減らすには、ITシステムの導入が有効です。なかでもチャットボットは、問い合わせ対応の工数を削減し、さらにはユーザーの利便性向上も実現します。ぜひ「sinclo」の導入をご検討ください。

sincloサービス資料はこちら!
sincloツールのご紹介と
活用方法をわかりやすく解説!
  • リード獲得の次の一手に
  • サポート業務の効率化に

プライバシーポリシー」の内容をご確認いただき、
同意の上「ダウンロードする」をクリックしてください。

  • コピーしました!
チャットボットsinclo TOP Chatbot Lab(チャットボットラボ) 人材紹介会社の働き方改革。業務改善をサポートするITシステム3選
ページTOPに戻る