カスタマーサポート

DXとは?意味やビジネスでの重要性、
チャットボットの活用法を解説

「DX(デジタルトランスフォーメーション)」には、一体どのような意味があるのでしょうか。なぜ、昨今のビジネスシーンで重視されているのでしょうか。ここでは、DX推進の取り組みを始める企業のご担当者様へ向けて、DXの基礎知識やチャットボットの活用法をご紹介します。デジタル技術の活用によって業務効率化を進め、生産性アップを目指しましょう。

DX(デジタルトランスフォーメーション)とは

近年、あらゆる場面で目にする機会が増えた「デジタルトランスフォーメーション」という用語。英語の「Digital Transformation」を省略して、「DX」と呼ばれることもあります。ここではDXの意味について、経済産業省による定義を引用しながらご説明します。ガイドラインにおけるDXの定義は以下の通りです。

企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること。

※出典:経済産業省「デジタルトランスフォーメーションを推進するためのガイドライン(DX 推進ガイドライン)Ver.1.0」

https://www.meti.go.jp/press/2018/12/20181212004/20181212004-1.pdf

DX推進では、企業が最先端のデジタル技術を活用することによって、既存のビジネスのあり方により良い変化をもたらし、新たな価値を生み出していくことが求められています。

DX推進に取り組んだ企業は、顧客満足度の向上・生産性向上・コスト削減・利益向上といったメリットのほか、新たな製品やサービスの販売による売上向上が期待できます。

DXが重視されている背景

多くのメリットが期待できるDX(デジタルトランスフォーメーション)ですが、昨今とりわけ注目されるようになった背景には、どのような理由があるのでしょうか。ここではDXが重視されている背景についてお伝えします。

国内では、「2025年の崖」と呼ばれる問題に関心が集まっています。これは、企業がDX推進によってデジタル技術を活用できない場合、2025年以降に最大で年間12兆円もの経済損失が生じると推測されている問題です。この損失額は、2018年時点の損失額の約3倍にもあたります。

さらには国内の企業がDX推進で後れを取ると、市場の変化へ迅速に対応できず、将来的に世界のデジタル競争における敗者となるおそれも。ほかにもシステムの維持管理費用が高額化して、IT予算の9割以上を占める大きな負担となるリスクが懸念されています。既存システムの課題を解消できないまま放置すれば、サイバーセキュリティ事故や、災害による危険性も無視できません。

このような事情からDXの実現が急務とされ、2025年へ向けて対応策が採られている状況です。

経済産業省のDXへの取り組み

多くの企業がDX推進へ着手するなか、行政機関である経済産業省でも、取り組みが始まっています。従来の行政手続きでは、窓口での申請や書類の提出などが必須でした。そこで、デジタル化によってプロセスの効率アップを実現。各種手続きで同一の情報を繰り返し入力する手間を省いたり、書類の添付漏れや記載の不備を事前にチェックしたりと、利用者の利便性を高める工夫が盛り込まれています。

※参考:経済産業省「METI DX」

https://www.meti.go.jp/policy/digital_transformation/index.html

DX推進におけるチャットボットの活用法

民間企業がDX推進の目的で導入するツールとして、「チャットボット」が注目されています。チャットボットとは、ユーザーからの問いかけに対して、自動で回答を提示するツールのことです。チャットボットを利用すると、事前に設定したシナリオや、人工知能(AI)によって回答が導き出されます。

そんなチャットボットは、問い合わせ対応業務の効率化に有効です。無人チャットの活用によって、簡単な問い合わせ対応の自動化や、営業時間外の対応を実現。従来の有人窓口や電話対応と比較して、業務効率アップ人件費削減が期待できます。さらには速やかに回答を提示することで、利用者の利便性も向上します。

こうしたDX推進で導入するなら、カスタマーサポートでの導入実績が豊富な「sinclo」がおすすめです。ハイブリッド型の「sinclo」なら、シナリオ型の無人チャットとオペレーターによる有人チャットの、両方に対応できます。簡単な問い合わせはbotが解決し、難度の高い問い合わせではオペレーターに交代することで、企業様の生産性アップに寄与できます。

さらに、管理画面がシンプルでわかりやすく、直感的に操作しやすいのも「sinclo」の魅力です。初めてのチャットボット導入でも安心してお使いいただけます。まずは、資料請求無料トライアルをお試しください。

まとめ

「2025年の崖」を目前にして、国内の企業ではDX推進が課題となっています。これまでの業務のあり方を改めて見直し、ツールの活用によって改善を図りましょう。DX推進の一環としてチャットボットを導入する際は、ぜひカスタマーサポートでの導入実績が豊富な「sinclo」にご相談ください。

  • コピーしました!
HOME Chatbot Lab DXとは?意味やビジネスでの重要性、チャットボットの活用法を解説
ページTOPに戻る