AIを活用して企業の人事評価制度を改善するサービスを提供している株式会社あしたのチーム様。インバウンドの新しい施策として、良質なリード獲得を求めて次世代型チャットツール「sinclo」を導入し、約1年間で1億円もの受注に成功しました。「sinclo」の導入により、どのような課題が解決され、どのように成果を生んだのでしょうか? 株式会社あしたのチーム様にお伺いしました。

株式会社あしたのチーム

インバウンドの新しい施策としてチャットボット導入

株式会社あしたのチーム
代表取締役会長
髙橋 恭介

—メインの事業内容をお聞かせください。

 様々な人材がひとつの目標のもとにチームとなって仕事に向き合うため、AIを活用して企業の人事評価制度を改善させるサービスを提供し、『はたらく人のワクワクをクリエイトする』という目標を目指しています。

—「sinclo」導入前の課題についてお聞かせください。

 事業展開を加速するなかでWebマーケティングの改善を重ね、サイトのPV数を大幅に向上させることができました。この機会に問い合わせフォーム以外で、インバウンドの新しい施策としてサイトに来訪する顧客をさらにコンバージョンさせる方法がないか探しておりました。

—「sinclo」を導入するきっかけとなったことは何でしょうか?

 前述の課題解決のためいくつかの製品・サービスの比較検討をしておりましたが、チャットボットを知り、なかでも「sinclo」を導入したら、これまでサイトを訪れるだけだった潜在的な顧客をキャッチし、良質なリード獲得につなげられると実感したことがきっかけです。

—「sinclo」をどのように利用されているのでしょうか?

髙橋 弊社は、ウェブマーケティングの重要性を再認識するなかで、新たな集客用途の施策として「sinclo」を活用しております。無人チャット機能を利用して常時、新規リードを獲得しておりますが、場合に応じて、営業担当が有人に切り替えてお客様のご質問に直接お答えすることもあります。

—使い始めた時の印象と現在の印象は違いますか?

 導入前は下記のような不安を抱いたこともありました。

「チャットはいつお問い合わせが来るかがわからないので、常に見張っておかないといけない」

「チャットにお問い合わせが来たらすぐに対応しないと、逆にマイナスのイメージを持たれてしまう」

新しいツールの導入に対して、心配があるのは当然です。しかし結果的には「sinclo」を使うことで、アポイントを多く獲得できており、「会社の売り上げに貢献している」という実感が強いです。

また、我々は企業に評価制度を導入するサービスを行っていますが、「sinclo」経由の問い合わせ件数や受注件数、担当者の対応件数などが分かりやすく可視化されているので、その数値を目標として使って、日々の業務と成果の評価が見えるようになり、自社の社員の評価のために役立っています。

—他にも類似した製品が存在しますが、それを選ばず当社製品を選ばれた理由は?

 無料トライアルで感じたのですが、非常に使い勝手がいいと感じた点です。新しいツール導入時は、何よりも一番の決め手は、こちらの細かな要望に迅速に対応してもらえることですが、トライアル利用時にこちらの要望をお伝えすると、迅速かつ丁寧に対応してくださり、このユーザー目線に立った迅速で柔軟な対応が決めてとなりました。

—UIに関して何かご意見がありますか?

 非常に使い勝手がいいです。まず、ウィジェット自体のUIとUXが非常に細かく設定できます。サイト上で自動的にウィジェットを立ち上げるか、立ち上げないか、またウィジェットの大きさ、軸の色、文字の色、担当者の写真などを自由に設定できるので、コーポレートのブランドに合わせることができます。

アポイント件数の向上、さらに受注金額合計1億円突破

—「sinclo」導入の効果を実感されましたか?

 導入からの1年近くで「sinclo」経由による成果は、問い合わせ件数が1100件以上、資料送付とアポイント数がそれぞれ130件以上です。受注金額の合計は1億円を突破しています。 「sinclo」を使わなければ、これらの成果がすべて得られなかった訳ではないと思いますが、導入以前と比較して大きく向上したことは間違いありません。これはすごい数字だと思います。

やはり「sinclo」は通常の問い合わせフォームよりも気軽に利用できるので、これまでサイトを訪れるだけだった潜在的な顧客のアクションが増加し、良質なリードの獲得につながりました。

ウェブマーケティングに力を入れている会社は、「sinclo」を導入することでチャンスロスがなくなり、売上アップにつながるでしょう。

—メディアリンクの対応は期待通りでしたか?

 とても満足しております。何より、一番の魅力は「sinclo」のバージョンアップが早くて弊社からの細かな要望に迅速に対応していただけることです。挙がった要望を都度、メディアリンクの担当の方にメールで送るようにしています。同社は「sinclo」のユーザーの要望を強く受け止めてくださって、細かなところから大きなところまで迅速にリリースしていただけます。ユーザー目線に立った柔軟な対応の積み重ねとして、「sinclo」経由での多数の受注につながっているのだと思っています。

—今後もお使いいただけるとすると、何を「sinclo」に期待しますか?

髙橋 現状は細かい要望は特にありませんが、今後はAIによる機能があれば、活用できるシーンが広がるかと思います。

たとえば、サイト訪問者の所属企業や属性に合わせて、メッセージ内容を変えたり、その内容をAIが学習して、返信を使い分けたりすることができると良いですね。担当者によるきめ細かな接客と、AIによるプログラムの力がかけ合わさることで、もっと便利になると思います。

—導入後のお客様から一言をお願いいたします。

 弊社の担当者は皆「sinclo は自分たちの営業ツールだ」という意識を持って日々取り組んでいます。今後も「sinclo」を最大限に活用して大きな成果を挙げて行きたいと思っています。

User Profile
会社名株式会社あしたのチーム
本社所在地東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 11F
URLhttps://www.ashita-team.com/
概要2008年設立。社員の労働生産性・管理職の育成に結び付く人事評価システム構築・運用、組織診断、労務管理、人材紹介など、人事に関する幅広いサービスを提供します。2015年10月現在、国内に9拠点、関連会社を沖縄と台湾で事業を展開しています。
トップへ戻る